【GMOとくとくBB】WiMAX2+プロバイダの解説!

無料で最大15個のメールアドレスとHPを利用できる

GMOとくとくBBは、GMOインターネット株式会社が運営するプロバイダです。契約者であれば、最大で15個までのメールアドレスとホームページを料金の追加なしで利用できるというメリットがあるため、利用者が増えています。

 

高額なキャッシュバック

常に20,000〜30,000円のキャッシュバックキャンペーンが行われている

WiMAX2+のプロバイダという観点でGMOとくとくBBの特徴を挙げると、一番は契約時のキャンペーンでキャッシュバックされる金額の大きさかもしれません。他のプロバイダよりも額が大きく、業界最大と言ってもよいほどです。

選ぶルーターによって金額が変わる

GMOとくとくBBの場合、キャッシュバックの金額は選ぶルーターによって違い、クレードル無しのWi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11を選んだ時が最大で35,550円です。最もキャッシュバックの少ないクレードル付きのWi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15を選んだ時でも20,190円のキャッシュバックがありますから、その魅力は大きいと思われます。

 

確認すべき3つの注意点

ただし、GMOとくとくBBには以下のような注意すべき点がいくつかあります。
特に手続き面では何かと特殊な点が多いプロバイダであるという点は覚えておいた方がよいでしょう。

1:キャッシュバックを受け取る条件がある

GMOとくとくBBのキャッシュバックは、申し込み後11か月目に届くメールにきちんと返信しないと受け取る権利が無くなってしまうという面倒な条件があります。キャッシュバックの大きさが売りのプロバイダなのに、メールに気が付かず返信し損うとキャッシュバックを受け取れないとは、泣くに泣けません。

 

実際に、キャッシュバックを受け損なったという人が続出しているそうですから、この点は注意が必要です

2:修理時は代替機を借りれない

また、ルーターの初期不良に対する取扱いにも少し問題があるようです。他のプロバイダでは、auショップへの持ち込みが認められていて、修理や交換をしてもらったり、代替機を貸してもらったりすることが可能なのですが、GMOとくとくBBではプロバイダへの郵送による修理依頼しか認められていません。そのため、修理後返却されてくるまでは手元に何もない状態になってしまいます。

 

確かに、ルーターはスマートフォンなどと違って普段頻繁に操作する端末ではありませんが、修理時のリスクは知っておいた方がよいでしょう。

3:解約手続きは郵送のみ受付

それともう1点は解約の手順も独特です。加入時の手続きは全てWeb上でできるにも関わらず、解約に関してはWebでは一切できず、契約した際端末に同封されていた書類に必要事項を書きこんで、SIMと共に郵送返却しなければ解約したことにならないのです。

 

つまり、更新月に解約しようとすると、ギリギリでは間に合わず、半月程度しか使えないということになります。解約金を払わず解約しようとすると半月しか使えず、ギリギリまで使おうとすると、自動更新されて、翌月の解約となって解約金が発生する可能性があります。

 

まとめ

注意点をしっかり覚えていればかなりお得なプロバイダ

このように一見してみると注意点が多く、不安に感じるかと思いますが、どれも事前に知っていれば問題ない点ばかりです。
特にGMOとくとくBBの最大の魅力ともいえるキャッシュバックを受け取る条件についてはしっかり覚えておきましょう!

 

GMOとくとくBBは基本的には利用料金なども比較的安く、超高額なキャッシュバックキャンペーンなどがあるので、非常におすすめできるプロバイダです!

【WiMAX2+】おすすめツートップ!

第1位!

超高額
キャッシュバック
GMOとくとくBB

第2位!

通常価格で
ギガ放題!
PEPABO WiMAX

GMOとくとくBB
詳細はこちら

PEPABO WiMAX
詳細はこちら

関連ページ

RaCoupon WiMAXの特徴
WiMAXって興味はあるけどよく分からないと思いませんか?「WiMAX・WiMAX2+比較.com」では、2016-2017年の各プロバイダのキャンペーンや料金などを分かりやすく比較し更新していきます!更に最新情報やおすすめ情報も解説!
【UQ WiMAX】WiMAX2+プロバイダの特徴
WiMAXって興味はあるけどよく分からないと思いませんか?「WiMAX・WiMAX2+比較.com」では、2016-2017年の各プロバイダのキャンペーンや料金などを分かりやすく比較し更新していきます!更に最新情報やおすすめ情報も解説!